医院改装にて

今回、岡山県の医院改装にて600角の大判タイルを加工しております。

新商品で出たばかりの、石井超硬の押切りを初使用です!

職人さんも、切れ味が最高だね と絶賛しておりました。

丁寧にボンドを塗って、1枚ずつ張って下さってます。

出来上がると、素敵な待合室になるかと思いますね!

待合室は、施工完了後、きれいに養生をして頂いていたので、

手洗い部分をちょっと写させて頂きました。

石のように見えますが、タイルです!

壁の600角と300×600角のデザイン張りです。

張り付けが完了し、硬化を待って、後日、目地詰め作業ですね。

完成が楽しみです!

こちらは、別の壁で目地詰めを完了した様子です。

目地を詰めると、表情が変わり、素敵なホールの出来上がりです!

トイレの床には、300×600角のタイルを施工させて頂きました。

受付の壁には、イタリア製の750×250角のデザインタイルを張らさせて頂きました。

清潔感があり、照明や光の加減で、とても素晴らしいですね!

玄関廻りも職人さんが、暑い中、ファン付の空調服を着て頑張って下さってます!

もうちょっとで完成です。   完成が楽しみです!

前の記事

外構工事